ごあいさつGreeting

創立者ごあいさつ

ミャンマーは、私がビジネスを通じて関係を構築してきた国ではありません。しかし、ビジネスの世界から一歩引いて、社会貢献をしたいと考えていたときに、ミャンマーという国をある方に教えていただきました。その方は、ミャンマーから日本へ留学し、母国の発展に尽力されていました。まだ、実質的に軍政下にあるといわれていた時でしたので、非常に感銘を受けたと同時に、もし民政移管された時にはミャンマーはものすごい勢いで発展するのではないかとワクワクしたことを覚えています。
私の人生では、ビジネスでもプライベートでも、人との出会いを大切にしてきました。社会貢献をしたいと思わなければ、この出会いはありませんでした。それゆえ私が、社会貢献する地をミャンマーだと、暗示してくれたのだと感じています。この想いは、家内もそして家族も同意をしてくれ、長女が代表理事に就任してくれたことも、私の喜びです。
ミャンマーよりも貧しく、恵まれない国は多いですが、必要があれば、また新しい出会いがあると思います。井内アジア留学生記念財団が、今後日本とミャンマーの発展に大いに貢献できることを期待するとともに、その活動に対し皆様の幅広いご支援とご協力をお願いする次第です。

設立者
井内 英夫
井内 美佐子

代表理事ごあいさつ

日本政府の「留学生30万人計画」では、『外国人留学生の受入れは、諸外国の人材を我が国において育成することを通じた知的国際貢献である。』とされています。
井内アジア留学生記念財団では、このような視点から、ミャンマーの留学生受入れ、日本での生活等のサポートをすることを目的としています。
当面の活動の柱を、ミャンマーから留学する大学院生への奨学金制度の運営と、公益信託井内留学生奨学基金(受託者りそな銀行)、JEES井内ミャンマー留学生奨学金(運営:公益財団法人日本国際教育支援協会)で助成する留学生のサポートをすることとしています。
奨学金制度においては、ミャンマー人留学生の受け入れに理解のある大学を指定校として、渡日前に助成決定する奨学金制度となっています。
留学生へのサポートとしては、文化や生活習慣の違いに慣れるために、財団役員はじめ関係者が積極的にかかわっています。また、奨学生の日本国内でのキャリア形成についてもサポートをしていきたいと思っています。
こうした活動を通じて、知識のネットワークを構築するとともに、新たに生み出される様々な萌芽を次の世代にしっかりと受け継いでいきたいと考えています。皆様のご支援をお願いする次第です。

代表理事 井内 郁江